オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド 〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3オメガ6オメガ9の違い


 

オメガ3脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸と2つに分けられますが、さらに不飽和脂肪酸は、オメガ3・オメガ6・オメガ9と3つに分類されます。その違いは何なのか、理解していない方がたくさんいるようです。

 

それぞれの特徴をお話していきます。

 

オメガ3・6・9の特徴

オメガ3

オメガ3の代表的な脂肪酸は、α-リノレン酸です。魚の脂肪・アマニ油・シソ油に含まれています。

 

α-リノレン酸は、人の体の中で、青魚によく含まれるDHA・EPAに変換されるため、血中の悪玉コレステロールを低くして、善玉コレステロールを高める働きをしてくれます。 血圧を下げ、血栓の危険性を低くする効果もあります。

 

このようなすばらしい栄養素ではありますが、オメガ3はとても繊細で敏感な性質をもつ脂肪酸ですので、扱い方が悪いと激しく劣化してしまうのです。

 

高温で加熱しない、長い時間空気にさらさない、暗い場所で低温で保管するなど、保管に関しては注意が必要です。新鮮なうちに食べきるようにしなければいけません。

 

オメガ3を効率よく摂れる油として、アマニ油があります。1年以上アマニ油ばかりを摂取していると、次はオメガ6欠乏症という問題が発生してしまいます。

 

オメガ3とオメガ6の理想的な比率は、「2対1」と言われています。

 

オメガ6

 

オメガ6の代表的な脂肪酸は、リノール酸です。マヨネーズ・べにばな油・サラダ油・コーン油・ごま油などに含まれています。

 

悪玉コレステロールLDLを低くする働きがあるとして、とても有名になりましたが、善玉コレステロールHDLも同時に低くしてしまうことが後になってわかりました。ですので今では、リノール酸ばかりを摂ることは、すすめられていないのです。

 

しかし、オメガ6は摂らない方がいいという訳ではなく、人が体の中で合成できない必須脂肪酸ですので、必要な量を摂取する必要があります。

 

オメガ6が体の中で不足してしまうと、皮膚の状態が悪化したり、肝臓や腎臓におけるトラブル、アレルギーが促進してしまうことがわかっています。

 

しかし、現代の日本人は食生活の欧米化などが原因で、オメガ6は過剰摂取となっているようです。なので、オメガ6に分類される脂肪酸は、バランスよく高品質のものを食べることが大切なのです。

 

オメガ9

オメガ9の代表的な脂肪酸は、オレイン酸です。オリーブ油・キャノーラ油などに含まれています。

 

悪玉コレステロールを減らす働きがあり、熱に強く酸化しにくい特徴があるので、加熱処理をする食材との組み合わせに向いています。

 

酸化した油を多く摂取すると、悪玉コレステロールが増える原因にもなるので、油が酸化しにくいオメガ9の油が、健康効果に使いやすい油といわれています。

 

オメガ9は体内でも生成することはできますが、たくさんできるわけではないので、できれば食品や油などから摂取していくべき成分ともいえます。

 

体内の細胞膜や、エネルギーの源となってくれるので、不足状態にならないように気をつけるようにしましょう。

 

 

オメガ3サプリおすすめランキングへ戻る→

 

 

オメガ3について

TOPへ戻る