オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド 〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3サプリの失敗しない選び方


 

サプリメントを選ぶとき、色々迷ってしまいますよね。でも、絶対やみくもに選んではいけないです。ちゃんとした選び方があるのです。

 

オメガ3脂肪酸サプリを選ぶときの、5つのポイントをお話していきます。

 

1.オメガ3サプリのDHA・EPAの配合量

DHA・EPAはとても貴重な成分です。しかし、普段の生活の食事で十分な量を摂取する事は困難です。ですので、DHA・EPAの含有量ができるだけ多く入っているオメガ3サプリを選ぶ必要があります。

 

現在、厚生労働省が定めている1日の推奨摂取量は、DHA・EPAを合わせて1000mgです。しかし、日ごろの食生活で不足してしまう量は、400~600mgほどだと言われています。

 

1日の目安量は、DHA・EPAが最低400mg以上配合されているオメガ3サプリを選びましょう。

 

副作用が気になるところですが、過剰摂取を避けて1日分の目安分量をきちんと守っていれば問題ありません。

 

2.オメガ3サプリの品質

 

オメガ3サプリを選ぶとき、ついつい配合量や金額ばかりに目がいってしまうと思います。ですが、サプリメントというのは、自分の体の中に入るもの、普段の食事と何ひとつ変わらないのです。

 

もちろん、多くのDHA・EPAが配合されていて、さらに金額も安いサプリが理想的ですが、そういうサプリは安全性などが不安だと思います。

 

オメガ3サプリを選ぶとき、品質や安全性を無視する事はできないのです。

 

品質の選び方は、

・材料の原産国が記載されているか

・生産工場の基準や規格はどうなのか

・メーカーの知名度・信頼性

・DHA・EPAは高濃度なのか

 

品質や安全性に、不安を残さないようにしましょう。

 

3.オメガ3サプリのコストパフォーマンス

サプリをずっと飲み続けたいけど、長く続かないことがあると思います。その原因の1つとして、値段が高すぎるという事があげられます。サプリは健康な生活をサポートしてくれるものですが、金銭的に辛くなって続けられなくなったら意味がありません。

 

ストパフォーマンスがいいかどうかも重要なポイントです。

 

しかし、コストパフォーマンスがよくても、品質に不安があったり酸化防止がされていなかったり、問題がある場合もありますので、注意が必要です。

 

ダメなサプリ=コストパフォーマンスが悪いと決めつけるのは、間違っているのです。他のサプリメントと比べたときに、コストパフォーマンスが悪かったとしても、高くなった分良質なDHA・EPAが含まれていたり、他にもいい成分が入っていたりします。ですので、安すぎるサプリメントはおすすめする事はできないのです。

 

4.オメガ3サプリの酸化しない工夫

 

オメガ3脂肪酸に含まれるDHA・EPAは、とても酸化しやすい成分です。せっかく摂取しても、体内で吸収する前に酸化してしまっては、意味がありません。

 

DHA・EPAをしっかり吸収できるように、オメガ3サプリの酸化防止の工夫がされているか確認しましょう。

 

ほとんどのサプリメントにはビタミンE・トコフェロールという名前で酸化防止成分が配合されていますが、効果的にはそれほど強いわけではありません。できればアスタキサンチンが入っているのが効果的です。

 

アスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用があります。つまり、アスタキサンチンが入っていればサプリメントで摂取する際に、いつでも新鮮な状態で成分を吸収することができるのです。

 

5.オメガ3サプリの飲みやすさ

オメガ3サプリの弱点は、魚の独特のニオイがすることです。毎日飲み続けるサプリメントが、臭かったり大きかったり硬かったりすると、飲むのが嫌になってきます。

 

魚臭さを抑える工夫がされていない場合、口に入れたときに生臭かったり、飲んだ後にものどの奥から魚臭さを感じたりするのです。

 

サプリメントの大きさや、魚臭さを抑える工夫がされているか確認しましょう。

 

飲みやすいソフトカプセルなのか、飲みやすい粒の大きさなのかをしっかり確認してから選びましょう。

 

 

オメガ3サプリおすすめランキングへ戻る→

 

 

 

オメガ3について

TOPへ戻る