オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド 〜健康な体をとり戻す方法〜

アレルギー・アトピー抑制効果


 

アレルギーの症状で悩んでいる人は、年々増えています。現代の食生活では外食が増え、免疫力低下の傾向にあります。

 

厚生労働省の、アレルギー疾患対策の方向性等(平成23年8 月)の調べによると、日本人の約2人に1人が何かのアレルギーに悩まされていると推定しています。これは社会問題といってもいいほどのことだと言われています。

 

アレルギーの種類

アレルギーといっても色々種類があります。代表的なものとして、4つのアレルギーをみていきましょう。

 

 

1.アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が全身の色々な場所にできることが特徴です。皮脂の分泌量が極端に少なく、角質層の水分を保つ力が弱い状態なのです。皮膚が乾燥しやすいだけではなくて、バリア機能が低下しているので、外からの刺激にとても弱くなってしまっています。

 

また、アトピー性皮膚炎は、生まれつき持っているアレルギー体質との因果関係があるといわれています。今はまだ、アトピー性皮膚炎を完治させる治療法は確立されていないのが現状です。治ったかと思えばまた症状が悪くなる。これらをくりかえしてしまうのが特徴的で、多くの人々を悩ませています。

 

アトピー性皮膚炎の原因はまだはっきりとはわかっていません。なぜかというと、遺伝による体質・不規則な生活・ダニ・ハウスダスト・欧米化した食生活などの環境が原因なのか、かきむしってしまう・洋服ですれるなどの物理的刺激が原因なのか、人によって原因が違うからです。

 

さらに、小さい子供の場合は、食べ物が関係する場合もあるようです。

 

2.花粉症

花粉症とは花粉が飛ぶ季節になると始まる、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状のことです。スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で生じるアレルギー症状を花粉症と呼びます。日本人のおよそ4人に1人が、花粉症だと言われているようです。

 

症状はいくつかありますが、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・充血、どれも入ってきた花粉を取り除こうとすることで生じるアレルギー反応です。

 

花粉が目や鼻から入ってきて、体内の免疫システムによって入ってきた異物は敵とみなされると、敵に対抗するための抗体(IgE抗体)がつくられます。このIgE抗体は、花粉に接触するたびにつくられるので、少しずつ体内に蓄積されていってしまいます。

 

蓄積量があるレベルに達してしまうと、次に花粉が入ってきた時に、アレルギー反応を起こすヒスタミンなどの化学物質が分泌され、くしゃみや・鼻水などの花粉症の症状を起こしてしまうのです。

 

この間まで大丈夫だったのに、突然花粉症になってしまう人もたくさんいます。その理由は、これまで蓄積されていたIgE抗体が、一定量に達してしまったから花粉症を発症してしまったという事なのです。

 

 

3.食物アレルギー

食物アレルギーとは、通常食べ物は異物として認識しないようにする仕組みが働いていて、免疫反応をおこさずに栄養として吸収する事ができます。しかし、免疫反応を調整する仕組みに問題があったり、消化・吸収機能が未熟な状態な場合、食べ物を異物として認識してしまうことがあります。それによって起こるアレルギー反応の事だといわれています。

 

異物として認識されてしまった食べ物成分アレルゲンを排除するために、アレルギー反応が起こります。また腸から吸収されたアレルゲンが血液で全身に運ばれるので、眼・鼻・のど・皮膚・腸・肺などで様々な症状が現われてしまいます。

 

食物アレルギーは、食べ物を食べた時だけではなく、触った時、吸い込んだ時など体内に入った時にも起こってしまいます。

 

食物アレルギーを引き起こしてしまうアレルゲン食品として卵・小麦・牛乳の割合が高いようです。その他にも、イカなどの魚介類・バナナやキウイフルーツなどのフルーツ・そば・大豆・ピーナッツなどがあります。

 

これらのアレルゲン食品は、年齢によって割合が異なるようです。また年齢と共に、原因食物は色々変化していくようです。

 

4.気管支ぜんそく

気管支は、人が呼吸をする時に空気の通り道になる器官の事です。気管支ぜんそくとは、その気管支に慢性の炎症が起きているため、刺激に対してとても敏感になっている状態の事を言います。何らかの刺激となるものを吸い込むと、刺激に対抗するため色々な反応が起こります。

 

その結果、気管支の粘膜が腫れたり、大量の痰がたまるなどして、気管支の内側が狭まり、呼吸が困難な状態に陥ります。これがぜんそく発作といわれるものです。

 

発作の原因の1つにアレルゲンがありますが、アレルゲンは人によって異なります。アレルゲンの種類は、花粉・ハウスダスト・そば・大豆・牛乳・大豆・小麦と様々です。

 

さらにぜんそくの発作は、アレルゲン以外のきっかけで引き起こされることもあるようです。気温や気圧・湿度の変動は発作と深い関関係があるといわれています。特に梅雨どき、台風の発生する秋などは、体調が悪い人が多く、ぜんそくの好発時期といわれています。

 

オメガ3脂肪酸でアレルギー症状を抑制

 

オメガ3脂肪酸には、免疫力向上効果があります。免疫力が向上するとどうなるでしょうか?

 

まずは、アレルギー症状の緩和です。気管支ぜんそく・アトピー・花粉症、アレルギー性鼻炎などアレルギーに対して免疫がつきます。もともと人間の体の機能として、外部からアレルゲンが体内に入ってくると、体は抗体を作り、異物を除去しようとして働いてくれます。

 

この時に起こるのが、アレルギー反応というものなのです。ただ、この反応が強すぎると、花粉症などのアレルギーを引き起こしてしまうようです。

 

この時に、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が働きかけてくれます。特にEPAです。EPAは、アレルギーの原因のプロスタダグランジンの量を低減させて、プロスタダグランジンを作り出すアラキドン酸自体にも、合成抑制作用をもたらします。

 

このような働きのおかげで、色々なアレルギー症状の緩和に効果を発揮してくれます。医療機関にいくと、アトピー性皮膚炎の場合、改善のために食生活の見直しを指導されると思います。動物性の食事を15%以下にして、基本的に魚を食べる方がいいとされています。

 

食事療法から考えても、DHA・EPAなどの補給や、魚メインの食生活はアレルギーにいいと考えられています。

 

オメガ3をたくさんとって、免疫力を高める事がアレルギー症状の抑制につながります。

 

 

 

オメガ3サプリおすすめランキングへ戻る→

 

 

オメガ3の効果

TOPへ戻る