オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド 〜健康な体をとり戻す方法〜

メタボ・肥満予防効果


 

オメガ3脂肪酸は、脂肪の一種なので、太ってしまうと思われますが、オメガ3脂肪酸の脂分は、逆に体内に油が蓄積するのを防いでくれます。DHAやEPAは、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあり、血液をサラサラにしてくれるので、内臓脂肪をスムーズに燃焼してくれます。

 

血液中のコレステロールは、全身の血管壁にたまっているコレステロールを肝臓に運ぶ善玉コレステロールと、肝臓から全身に運ぶ悪玉コレステロールとの2つがあります。この両方が、健康維持にはかかせません。

 

しかし、悪玉コレステロールが増えて、血中のコレステロール値が上昇すると、善玉コレステロールの働きが追いつかなくなってしまいます。そうなると、余計なコレステロールを回収する事ができなくなります。

 

オメガ3脂肪酸に含まれるDHA・EPAは、血液の通り道をふさいでしまう悪玉コレステロールを減らす働きがあります。さらに、余分なコレステロールを回収してくれる善玉コレステロールを増やすという、2つの働きを持っています。

 

メタボ・肥満になる原因

 

なぜメタボ・肥満になってしまうのか?おもにメタボ・肥満の原因は、内臓脂肪だといわれています。メタボと診断されるのは、内臓脂肪型肥満が認められた上で、血液中の脂質濃度(HDLコレステロール値・中性脂肪値)や血圧などに異常が見られた時です。

 

血液中の中性脂肪値やHDLコレステロール値は、内臓脂肪によって高くなってしまいますし、血圧等も同様です。メタボの診断基準になっている項目は、内臓脂肪の影響を受けているのです

 

ですので内臓脂肪を減らすことは、メタボの診断基準となっている他の項目を、適正な数値に抑えることにもつながっているのです。

 

オメガ3がメタボ・肥満を予防する

 

メタボ・肥満は、内臓脂肪が原因ですが、内臓脂肪は、体内の余分な中性脂肪が内臓の周辺に溜まることで、増えていきます。つまり中性脂肪を減らすことができれば、内臓脂肪も増えにくくなって、メタボ・肥満にもなりにくいということなのです。その中性脂肪を減らす働きを持っているのが、オメガ3脂肪酸だといわれています。  

 

オメガ3脂肪酸は中性脂肪を減らしてくれますが、特に中性脂肪を減らす働きが強いのが、EPAです。EPAには、中性脂肪の吸収や生成を抑えて、内臓脂肪として蓄積されにくくする働きがあると言われています。

 

ですのでメタボ・肥満予防にも、オメガ3脂肪酸は効果的といえると思われます。

 

メタボ・肥満の原因となる内臓脂肪は、肉ばかりの食生活をしていると、どうしても増えてしまいます。肉を食べることが多いという人は、EPAをたくさん含む魚中心の食事に変えてみることをオススメします。

 

突然食生活を変えるのは難しいという人や、魚が苦手という人は、サプリメントで補うという方法があります。

 

 

オメガ3サプリおすすめランキングへ戻る→

 

 

 

オメガ3の効果

TOPへ戻る