オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3サプリ効果おすすめ完全ガイド 〜健康な体をとり戻す方法〜

オメガ3脂肪酸の効果・効能


オメガ3脂肪酸にはどのような効果があるのでしょうか。

効果別にお話していきます。

オメガ3脂肪酸のメタボ・肥満予防効果


オメガ3脂肪酸は、脂肪の一種なので、太ってしまうと思われますが、オメガ3脂肪酸の脂分は、逆に体内に油が蓄積するのを防いでくれます。DHAやEPAは、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあり、血液をサラサラにしてくれるので、内臓脂肪をスムーズに燃焼してくれます。

血液中のコレステロールは、全身の血管壁にたまっているコレステロールを肝臓に運ぶ善玉コレステロールと、肝臓から全身に運ぶ悪玉コレステロールとの2つがあります。

この両方が、健康維持にはかかせません。

しかし、悪玉コレステロールが増えて、血中のコレステロール値が上昇すると、善玉コレステロールの働きが追いつかなくなってしまいます。そうなると、余計なコレステロールを回収する事ができなくなります。

オメガ3脂肪酸に含まれるDHA・EPAは、血液の通り道をふさいでしまう悪玉コレステロールを減らす働きがあります。さらに、余分なコレステロールを回収してくれる善玉コレステロールを増やすという、2つの働きを持っています。

ですので、メタボ・肥満予防に効果的です。

オメガ3脂肪酸のがん・肝臓病予防効果


人間が活動するためのエネルギーとして必要な中性脂肪ですが、消費されず体に残ってしまうと、体脂肪として蓄積されます。オメガ3脂肪酸は脂肪ですが、サラッとした脂肪なので血小板の凝固を防いで、血中の中性脂肪を低下させてくれます。

この効果が肝臓の病気によいとされています。肝臓の病気と言えば、肝硬変・脂肪肝・肝臓がんなどがあげられます。脂肪肝とは、内臓に脂肪がたまってしまう状態です。

そうなると、肝機能が低下して、肝硬変や肝臓がんになる危険性があります。脂肪肝の原因は、普段の食生活での高カロリーのとりすぎ、アルコールの飲みすぎなどです。

オメガ3脂肪酸に含まれるDHA・EPAは、中性脂肪の脂質低下、余分な脂肪を燃焼してくれるので、肝臓に溜まっている脂肪を減らしてくれます。

この結果、脂肪肝の予防になり、脂肪肝を予防することによって、肝硬変や肝臓がんなどの重大な病気を防ぐことにつながります。オメガ3脂肪酸に含まれる、EPAから作られる抗炎症物質プロスタグランジン3にはがん細胞が増えるのを抑える効果があります。

がん治療に用いる、抗がん剤や放射線によってダメージをうけてしまった正常組織の、炎症軽減にも役立ちます。

オメガ3脂肪酸のうつ病・認知症予防効果


脳はほとんど水分と脂質でできています。脳の神経細胞を活発に働かせたり、新しく生み出す栄養として、脂質は重要な成分です。動物性の脂質は、常温で固まりやすいので、血管や体の色々な場所に溜まってしまいます。

オメガ3脂肪酸に含まれるDHA・EPAは、血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸なので、脳の毛細血管をつまりにくくしてくれます。脳の血流を改善する事で、脳の働きを活性化することができます。

歳をとると、オメガ3脂肪酸の量がどんどん減っていくので、記憶力が弱まって、認知症にかかりやすくなります。ですので記憶力改善のため、脳内ネットワークの活性化のためにも、オメガ3脂肪酸の摂取が必要になります。

また、DHA・EPAを含むオメガ3脂肪酸は、脳の機能を高める効果があり、気力低下を抑え、不安になる感情を取り除いてくれます。心の状態は、脳の神経伝達物質によって決められています。

脳の神経伝達物質はさまざまな種類があって、その中でも興奮させる物質、興奮を抑える物質、これらをうまく調和して精神の状態をコントロールします。うつ病になる原因は色々ありますが、栄養不良もその1つです。

毎日の食事と精神状態には密接な関係があり、健康な精神状態を保つために食事はとても重要です。外食や偏った食事ばかりしていると、脳の働きをよくするオメガ3脂肪酸が不足してしまいます。そうなるとうつ病傾向になり、イライラします。

オメガ3脂肪酸は、元気な心を維持するために非常に重要な栄養素です。

オメガ3脂肪酸のアトピー・アレルギー抑制効果


アレルギーの症状で悩んでいる人は、年々増えています。現代の食生活では外食が増え、免疫力低下の傾向にあります。

アレルギー症状は、体内にアレルゲンが入ってくると体が反応して、抗体を作って異物を排除しようとする事です。このような反応が過剰になって、アトピー花粉症というアレルギーをおこしてしまいます。

オメガ3脂肪酸は、このようなアレルギー反応を抑えてくれる効果があります。オメガ3に含まれるEPAは、アレルギーの原因プロスタグランジンの量を低下させてくれます。

オメガ3をたくさんとって、免疫力を高める事が、アレルギー症状の抑制につながります。

オメガ3脂肪酸のアンチエイジング効果


オメガ3脂肪酸は今までの若々しさを維持し、脳や血管、肌の若返りにも効果があります。しわや肌あれなど、皮膚の乾燥で起こる肌トラブルは、血液の流れが原因といわれています。血液がドロドロになると、流れが悪くなって毛穴がつまったり、肌がくすんだり、むくみが起きます。

オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにする働きがありますから、ニキビを防いだり、肌に透明感を出したりと美肌効果が期待できます。

さらに、DHAは脳の老化を防ぐ働きがあります。

DHAは、脳を構成する神経細胞の膜の中にあるので、DHAが増えれば増えるほど、膜がやわらかくなって神経伝達物質の量が増えます。すると、脳の中の情報伝達が活性化され、脳の老化が抑制されます。

35歳をすぎると、脳の神経細胞は減っていき、もう再生されません。加齢とともに、神経細胞の膜の中のDHAも減りやすくなりますが、残っている神経細胞が活発に働いていれば、脳の老化は防ぐ事ができます。

オメガ3脂肪酸のダイエット効果


オメガ3は、DHAやEPAなどの脂肪酸が多く含まれているので、悪玉コレステロールを減らして血液を固まりにくくし、中性脂肪を抑えてくれます。このような働きがあることで、血液はサラサラな状態になります。

DHAが体の中に取り込まれると、細胞壁の動きが高くなり、脳細胞や血管細胞がしなやかになって、赤血球が柔らかくなります。その結果、血液がサラサラになります。

そうした作用によって、血行をよくして内臓脂肪が燃焼されやすくなり、体脂肪がおちやすくなります。

脂肪を分解する酵素の働きもよくするため、オメガ3脂肪酸を摂取してから簡単な運動をすると、脂肪が燃えやすくなって、ダイエット効果につながります。

オメガ3脂肪酸の心筋梗塞・動脈硬化予防効果


高血圧とは、血液に大きな圧力がかかった状態で、安静な状態で血圧が慢性的に正常値よりも高い状態のことです。この状態が長く続くと、血管に負担がかかるので、血管の内壁が傷ついたり、硬くなって、動脈硬化をおこしやすくなります。

心臓への負担も大きくなるので、心筋梗塞や狭心症のリスクも高まります。血流を改善する事で、心臓への負担をへらして血圧を調整してくれます。そうなると、血液中の赤血球を柔らかくする効果がありますし、血管にこべりついた血栓も、溶かしてくれます。

また、血管が老化すると、血管の壁にコレステロールや中性脂肪がたまって硬くなります。この状態を動脈硬化といいますが、オメガ3に含まれるDHAは、こうした動脈硬化の原因になるコレステロール値の上昇を抑制してくれます。

心筋梗塞や狭心症といった心血管疾患は、動脈硬化が原因で起こります。動脈硬化を予防できれば、心筋梗塞といった血管系の病気のリスクも下げる事ができます。

オメガ3脂肪酸の目のトラブル予防効果

 

目の健康には欠かせないDHAが、オメガ3脂肪酸には含まれています。オメガ3脂肪酸を摂取する事は目の健康維持につながります。

DHAは、目の網膜や神経細胞に多く存在する成分で、網膜の反射機能を高めて情報伝達をスムーズにする効果があります。さらに、DHAは脳細胞を活性化してくれるので、目からの情報をすばやく処理してくれます。それが、視力の回復にもつながります。

加齢性黄斑変性症という目の病気がありますが、原因の1つが動脈硬化による血行不良とされています。

オメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らして血液をサラサラにしてくれるので、血流が改善されます。血流が改善されると、栄養や酸素が行き届くようになるので、加齢性黄斑変性症を予防できます。

 

オメガ3について

TOPへ戻る